≪Information≫
♪Hiroko Miyano Official web siteはこちら
♪メールマガジンはこちら。登録はこちら

◆CD Release
♪2011/10/5 「Notes Of Comfort」(PCCY-30191)
♪2012/10/10 「The Jazz Lady」(EDCE-1013)
♪2014/8/20 3rdアルバム「Ocean」ビクターエンターテイメントよりリリース

2015年12月19日

宮野家


「宮野家の忘年会」in 大塚グレコ
ミュージシャンになってから宮野姓の方にお会いする機会が増えました。私のアルバムにも参加して下さっているギター宮野弘紀さんは言うまでもありませんが、他にも何人かいらっしゃいます。この日は「宮野」さんが集ってのライブ、いつかやりたいと思っていましたがついに実現しました。


BB70C182-DAA0-44E7-9BF6-AFEBA36AD3B6.jpg



サックス宮野裕司さん、ギター宮野弘紀さん、奥様のこの日はヴォーカル宮野ノリコさんという4人。それぞれの曲を持ち寄ってのセッション的なライブ内容。初めて顔合わせだったのですが、なんといえばよいのでしょうか、それぞれ調和しようという意識が流れていて、とても心地良い世界でした。それぞれ個性的なミュージシャンなのですが、他人とは思えない宮野家の皆さんでした。しかも皆さん、とても素敵。同じ名字で良かった!次回は更に宮野さん増えるかもしれません。乞うご期待☆
posted by 宮野寛子 at 19:25 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

Secret Live vol.5 「宮野寛子のComfortな時間」放送200回記念公開収録ライブ


今年で5回目をむかえる年末恒例のシークレットライブはラジオ番組「宮野寛子のComfortな時間」の放送200回を記念しての公開収録ライブという特別な時間になりました。場所はもちろんシークレット、千代田区半蔵門某所のレストランで行われましたが、見晴らしの良い美しい景色を望む素敵な空間で、お越し頂いた方々、皆さん喜んで下さいました。


2BD3880D-B763-4742-BD49-F773D7B2CE49.jpg



2012年4月から始まったこの番組ですが、200回もお届けしてきたと思うと感激もひとしお。パーソナリティとしてはまだまだですが、第一回の放送と比べれば少しは良くなったようです。こうして続けることが出来て感謝の気持ちでいっぱいです。


1E4AD984-7AC1-4E79-BB69-10BA5AD31439.jpg



ライブではゲストに詩人 菅原敏さんをお招きしました。
3rdアルバムOceanに収録されている"Flamingo"を作るきっかけになった「フラミンゴ」という詩を書かれたかた。たまたま本屋さんで見つけた「裸でベランダ ウサギとおんなたち」というなんとも興味をそそられる詩集の中にあります。ご本人に読んで頂いて、私はピアニカで演奏。菅原さんの美しい低音での朗読は味わいがあってとっても素敵でした。ファンになったお客様も多かったのでは?!


D11C0F5F-1F15-44C8-8000-538630318033.jpg



ちょっと懐かしいイージーリスニングメドレーを演奏したり、プレゼントコーナーがあったり、今回は本当に盛り沢山なシークレットライブになりました。遠方からお越し頂いた方や、懐かしい再会になった方たちなど、お越し頂いた皆さま、ありがとうございました。

最後に10名の方に宝くじをプレゼントしました。
どうか当たりますように!!!
posted by hiroko at 00:42 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

空を聴く 空を感じる 空を待つ


音と朗読のライブ「空を聴く 空を感じる 空を待つ」
その日の空は生憎の曇り空でしたが、心はすっきりとした青空で終えることが出来ました。お越し頂いた皆さま、ありがとうございました。

角川書店さんにご協力を頂き、朗読ライブの為に本を選んで頂いたのが春。それから、作品選び、場所選びなどなど、本番を迎える迄に随分と時間がかかってしまいましたが、準備期間が長かった分、終わってしまうと抜け殻のようになってしまいました。3日経ってようやく日常が戻ってきました。

今回、朗読に選んだ作品は西加奈子さんの「空を待つ」
何人かの著者の中でも西さんは一番音楽が浮かぶ文章だなと思いました。その中でも「空を待つ」は真っ青な空だったり、夕暮れ時だったり、空の情景が沢山出て来ます。今年の夏は夕焼けが綺麗な日が多く、私自身、何度もその瞬間、心奪われておりました。また、表現者としてもがいている主人公の姿についつい自分を重ね合わせてしまいましたが、きっとどんな人も苦しんでいる時があるだろうと思い、何か、少しでも心がほっこりと優しい気持ちになったら嬉しいなと思い選びました。


046BD59E-7067-4AD3-9D7E-2CEA1FD4D330.jpg



朗読の松浦このみさんは元々ラジオのパーソナリティをやられていた方、はっきりと言葉が伝わってきて、とても心に滲みました。美しい流れの語り、もの凄い集中力なんだろうと思います。
そして、ゲストとして来て下さったヴァイオリン斎藤ネコさんは劇版などたくさん手がけている、スーパーミュージシャンのお一人。今回、私が作品に寄せて作った曲もネコさんの手にかかると、オーケストラがいるように聴こえてくるのですから不思議です。沢山、勉強させて頂きました。

ネコさんとはアップライト限定ユニット「うしろむき」で1曲連弾させて頂きました。また是非、ご一緒したいです!


IMG_9202.JPG



この日のライブで大切な役割を担って下さったのは「”音と言葉 ヘイデンブックス”HADEN BOOKS:by Green Land」さん。くつろぎとアカデミック、両面をもった素敵な空間です。ウッチーこと内田輝さんにご紹介頂き、実現しました。一般のカフェ営業の時間は更にゆったりとおちつける場所なので、是非、足を運んでみて下さい。


今日は今年初めてダウンを着ました。
いよいよ冬が始まりますね。
年末に向けて華やかな季節、私は12月12日のライブに向けて始動。
菅原敏さんとのライブがとても楽しみです。
posted by hiroko at 17:37 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

「 空を聴く 空を感じる 空を待つ 」


爽やかな秋空が続いたので雨の日も良いな...と思いながら
そろそろお日様も恋しくなりました。
明日は少しお天気も回復しそうです。

年末の予定もちらほら気になりだす頃ですが
11月と12月に私企画のライブがあります。

まずは間近にひかえた11月20日(金)
青山根津美術館近くにあるカフェ
”音と言葉 ヘイデンブックス”HADEN BOOKS:by Green Landさんでのライブ。

吹き抜けの眺めの良い空間はとても素敵で
凛とした空気とぬくもりが同居している特別な場所です。
是非、ここでライブをやらせて欲しい...
という想いから、ご紹介頂き、実現しました。

出版社におつとめだったオーナーのセンス溢れるお店には選び抜かれた本、とても落ち着ける音楽、くつろげる空間があります。ここならではの何か特別なものをと思い「音と朗読」とライブをやらせて頂くことにしました。
深まりゆく秋の夜にはぴったりなアカデミックな内容です。でも、帰路の途中、秋の真っ青な空のように心も晴れ晴れとした気持ちになって下さったら嬉しいなあと思っています。

皆さまのお越しをお待ちしております。


IMG_9202.JPG



.........♪...............................................................................""""............""""".........

直木賞作家 西加奈子の短編小説『空を待つ』を 松浦このみ が朗読し、この日のためにピアニスト 宮野寛子 が描き下ろした音楽と共に。

言葉の奥に秘めた真実を語る、朗読の 松浦このみ。唯一無二の弦の調べ、ヴァイオリン 斎藤ネコ をスペシャルゲストに迎える、特別なひとときです。大人のための “ 音と朗読の一夜 ” をお楽しみ下さい

LIVE「 空を聴く 空を感じる 空を待つ 」

開催:2015年 11月20日(金曜日)
   open 19:00 start 19:30 〜

出演:宮野寛子(ピアノ) 松浦このみ(朗読)
スペシャルゲスト:斎藤ネコ(ヴァイオリン)

予約:3,500円 当日:4,000円(+1ドリンクオーダー制)
【 30名様限定 】

場所:音と言葉 “ ヘイデンブックス ” 
HADEN BOOKS:by Green Land 東京都港区南青山4-25-10
表参道駅A4出口より徒歩7分 根津美術館交差点近く
OPEN 12:00 〜 21:00 / 月曜定休

【 ご予約方法 】
□ HADEN BOOKS : by Green Land 店頭、
 または お電話で Tel : 03-6418-5410(12:00〜20:00)
□ E-mail [ info@hadenbooks.com ]

必要事項をお知らせいただき、ご予約・お申し込みください。

1.件名 11/20 Live 予約
2.お名前
3.お電話番号
4.ご予約人数、または お問い合せ内容。
ご予約申し込み受信後、受付確認のメールをお送り致します。
posted by 宮野寛子 at 00:31 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SecretLive「COMFORTな時間200回記念公開収録ライブ」


2012年4月から始まった、パーソナリティをつとめる
「宮野寛子のCOMFORTな時間」
2016年1月で放送200回をむかえます。
その記念として公開収録ライブを企画致しました。
毎年、恒例の年末に行っているシークレットライブ。
今年は拡大判ということになります。

千代田区半蔵門某所
もちろん、場所はシークレット。

そして、今回のゲストは詩人 菅原敏さん
"Flamingo"を作るきっかけになった「裸でベランダ うさぎと女たち」の作者
外苑前にある本屋さんで偶然見かけて手に取った詩集
不思議なタイトルに思わず引き込まれ、読み進めていくうちに、可愛くて、キザで、生意気で、にくめなくて、微笑ましい...そんな独特な世界にすっかりやられてしまいました。

"Flamingo"もちろんご本人に朗読して頂けたらと思っております。

FE4CFFF7-5EE7-4B1B-835C-7DE46F092397.jpg



12月12日(土) SecretLive「COMFORTな時間200回記念公開収録ライブ」
宮野寛子(pf) スペシャルゲスト菅原敏(朗読)
open15:30 start16:00
MC6,000円(ライブ、お飲物、お食事含む)
毎年恒例のシークレットライブ、今年は宮野寛子のCOMFORTな時間200回を記念して公開収録を行います。
場所は千代田区半蔵門某所。ライブ、ラジオ公開収録の後に美しい夜景を見ながらお食事をお楽しみ頂きます。

【問い合わせ先】
E-mail:hiroko.comfort@gmail.com

どうぞ宜しくお願い致します。
posted by 宮野寛子 at 00:10 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

秋のツアー


初夏の風ツアーと題してボサノヴァアーティスト中村善郎さんとの九州〜倉敷、京都、名古屋、浜松、袋井を廻りましたが、今回は第二弾、秋のツアー。

C0B5ADAB-5ECD-4FEC-B648-2B833FA52361.jpg


99935A83-A6A3-4454-95DA-3061143A2503.jpg


初日は長野県飯田市にあるCANAVASへ。
街路樹はたわわに実ったリンゴが...ここはリンゴの名産地なんですね。
柿の木も見た事ないほど実っていてびっくりするほどでした。
まずは地元のFM局にもお邪魔させて頂きました。1曲生演奏もしました。

CANAVASはマスターをはじめ、皆さん気さくであたたかな方達ばかり。
ライブ後も打ち上げで遅くまで盛り上がりました。

D8EAA4C5-1FE4-49C5-8FAA-CF48717E9DBB.jpg


長野といえば...おそば。
新蕎麦の10割蕎麦を頂きました。もう間違いなく美味!!
山間にあるのんび荘さん。始まったばかりの紅葉が美しかったです。


12039492_10200841184268198_8971322013227938597_n.jpg


翌日は名古屋にあるキャバレロクラブへ。
初めてお邪魔するお店でしたが、マスターのこだわりが沢山。
なんとも個性が溢れるお店でした。


9151326C-C2B1-4358-B6F9-549A1D2F3155.jpg


今回のツアー、一日だけそれぞれ単独行動。
私は岐阜でソロピアノのライブでした。
初めて見る白いベーゼンドルファー。見た目も音もお姫様のようなピアノでした。仲良くするにはもう少し丁寧に時間をかけたい...と思うような名器です。

地元の方にご協力頂いて実現したライブ。
色々なご縁が交錯していて、またこの夜も更に繋がりがこくなったように感じた時間でした。人との出逢いとは不思議です。見えない糸がいっぱい繋がっているように思えてなりません。


2287018E-88DD-47F8-8F59-99F28D851D52.jpg



翌日は浜松2days。
気さくなマスターの人柄があふれる超フレンドリーなお店(笑)ハーバーで。
そして、ツアー最終日はK-mix(FM静岡)での公開生放送でのライブ。
お年寄りや親子連れの方も多く、沢山の方とふれあうひと時でした。

静岡県のJAのCMで使って頂いていた「In a Sunny Place」を演奏したのですが、譜面を探していたんです、出版されていないのですかと尋ねられ、嬉しくて思わず使っていたものを差し上げました。演奏して下さったら嬉しいな。こんな出来事も素敵だなとほっこりしました。

ツアーというとさすらい旅芸人...やはり楽しい。
沢山の方に出逢い、つながり、感謝の気持ちでいっぱいになります。東京から来て頂いた方もいたり、お越し頂いた皆さま、ありがとうございました。
次回の善郎さんとのツアーは来年1月末、九州〜岡山、京都、名古屋、袋井、富士と予定しております。
posted by hiroko at 23:37 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

富士市立看護専門学校


清々しい秋晴れが続いていますね。
地元、富士市の看護学校で演奏させて頂きました。
体育館の中でのコンサート。
どんな配置にしようか迷いましたが、ピアノをぐるっと360度囲んで席を作りました。

柔らかい日差しを感じながら、小鳥のさえずりを聴きながら...
とても和やかな時間になりました。


ACA42169-8659-49BC-A8F8-73EAF7B82880.jpg



コンサートの途中では音の響きの違いを感じてほしくて席を移動してもらいました。ぐるぐる廻って大移動。ためらいながらもワイワイいいながらの様子はなんとも微笑ましかったです。
また、事務局の中林先生にもお願いしてウクレレを披露して頂きました。ちょっとしたサプライズでしたが、みんなびっくりしていて一気に会場が楽しい雰囲気になりました。

看護学校というと女性ばかりのイメージでしたが、最近は男性の方も増えたそうです。皆さん、とても熱心に聴いて下さり、純粋な気持ちが伝わってきました。逆に私がエネルギーを頂いたようです。
若さっていいなあ...笑顔が素敵でした。

この日は母の誕生日でした。
家族でゆったりとお昼を食べながらお祝いしました。
いつまでも元気で若々しくいてほしいものです。
穏やかで幸せな一日になりました♪

posted by hiroko at 00:44 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

東京タワー


秋晴れとはまさにこんな日!!
真っ青な空が広がる清々しいお天気でした。
東京タワーは青空がよく似合う。


1D7E19F6-CB12-436A-A427-E00902287B33.jpg



私が到着した時は美しい夕陽が沈む時間。
建物がぎっしりつまった遠くの方へ消えて行きました。


A741FCEA-233B-4D03-A164-27DFAA078CE7.jpg



ハーモニカのマツモニカさんとデュオ。
何が飛び出すかわからない...自由度がいっぱいの演奏に。
ハーモニカの音色っていつ聴いてもキュンとなります。マツモニカさん(本名は松本さん)だから...というのもあると思いますが、私のオリジナルも純度が上がったように感じました。


912ABE9E-9C6E-4327-A982-E55F1ADB9CDA.jpg



東京タワーというと修学旅行の定番でしたが、今となっては外国の観光客の方が多くなりました。今回、お話したのは一ヶ月滞在するというフランス人の青年。九州から北海道までぐるっと廻るんだそうです。なんともゴージャス!!
ライブの最後に演奏したA Song for Yukiを聴いて、鳥肌がたったよとジェスチャーしてくれました。あまりに嬉しくて、前世は何か関係していた?と思わずにはいられないというのは素直じゃないかしら(笑)

でも、この曲は本当にファンが多い1曲でもあります。
他界した雪江おばあちゃんが何か後押しでもしてくれているのでしょうか。
なんだか、秋の夜長、スピリチュアルな気分...

posted by hiroko at 00:16 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

Press Awards Japão 2015


10月に入り、我が家のベランダではようやく朝顔の花が咲きました^^
まさに遅咲き...
でも咲いて良かった。
8月中旬に種を撒いたので、もう今年は無理かなと諦めておりましたが、9月後半のお天気のお陰か沢山莟をつけて元気に育っています。
暫く、朝顔祭りです。


8A6F26BE-BB7B-4FD2-ACE4-6E966432AF43.jpg



ブラジルの文化交流の発展に貢献した人、団体、地域などが表彰される「Press Awards Japão 2015」に参加させて頂きました。
今年で5回目を迎えるそうです。場所は鶴見。横浜市の中でも在日のブラジル人が多いということで、この地が選ばれたそうです。
今回は小野リサさんが受賞されるということで、私も参加させて頂いているバンド、Banda Mandacarinhoがバックの伴奏をつとめました。ブラジルのビックバンドであるBanda Mandacarinho、また活躍の幅が広がったようでとても嬉しいです。30分の短いステージでしたがとても楽しかったです♪


12087879_1082543428452693_9057924333878393126_o.jpg


52C45CFB-7044-44B5-B6B9-971B6A89345D.jpg



今月はMotion Blueでのライブも控えております。皆さま、是非!!
10月26日(月) MOTION BLUE YOKOHAMA
「Banda Mandacarinho Vol.11 〜Feliz Aniversario de 70 anos, Ivan Lins!!!〜」

Luis Valle(tp)、奥村晶(tp)、高瀬龍一(tp)、Mike Zachernuk(tp)、Fred Simmons(tb)、上杉優(tb)、堂本雅樹(b.tb)、Steve Sacks(as)、Gustavo Anacleto(as)、平岡雄一郎(g)、加瀬 逹(b)、加納樹麻(ds)、宮野寛子(p)、鈴木千恵(vib)
八木美楠子(Arrangement & Direction)
横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館 3F
open5:30pm 7:00pm&9:00pm MC4,500円
(045-226-1919)(11:00am〜10:00pm)
posted by hiroko at 22:33 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

ウィリアムズ症候群カンファレンスのお知らせ


突然ではありますが、、、
「ウィリアムズ症候群」という先天性遺伝子疾患をご存知ですか?
先天性の心臓病やその他の医学的な問題、知的発達遅滞等の様々な症状を示す症候群です。

私はウィリアムズ症候群のそのこちゃん、そしてそのお母様と知り合う事でこの疾患を知る事が出来ました。
この出逢いも私にとって意味があることなんだろうと感じています。

日本では、ウィリアムズ症候群は、まだまだ社会での認知度が低く、単なる学習障害と処遇され、せっかくの素敵な才能が埋もれてしまう例が多いのが現状のようです。その才能とは愛すべきユーモア、cocktail party characterと名付けられた社交性、表現豊かな言語能力に加え、類いまれなる認知能力、その中でも特に音楽にむけられた特別な才能は特徴的です。彼らの心から音楽を楽しむ姿から「音楽の神様が遣わされた人たち」とも言われています。(スマイリズムHPより抜粋)

春に行われたミュージックキャンプを見学させて頂き、音楽を楽しむことの大切さを改めて感じました。常に音楽に接しているはずの私が時々見失ってしまう”心”のあり方を思い返させてくれました。


11D09019-C40A-41C2-8BC3-6C163D523F67.jpg



その子ちゃんとお会いして考えるのは、私自身、何かお手伝いしたいと思っていても、実行するのはなかなか難しいということです。責任を持って関わるというのは、結構な決意が必要なんだなと思いました。まだまだその辺りの覚悟がなく、今はただただ見守っているだけだったりします。
ウィリアムズ症候群の様々な活動は家族の方の懸命な努力と、周りの方々の支えによって成り立っています。
その活動の成果でもあるのでしょうか。
つい最近、ようやく難病指定に認定されました。

世の中には私が知らないこうゆう地道な活動をやっていらっしゃる方は沢山いるのだと思います。何も力にはなれませんが、まずは知ること。そして、多くの人に知ってもらうことが最初の一歩だと思いブログに書かせて頂きました。
今週末の連休にカンファレンスが行なわれるそうです。様々な角度からウィリアムズ症候群の理解を深めることが出来る機会です。このような活動から、一人でも多くの方に知って頂けたら嬉しいです。

カンファレンス 2015 第2回スマイリズム カンファレンス
【日時】2015年9月20・21日(2日間)
【時間】9:30〜受付開始〜18時半終了予定
【場所】TOKYO FM ホール 
千代田区麹町1−7 FMセンター2階
*一般駐車場はございません。
【アクセス】
半蔵門線「半蔵門駅」下車 (1)(2)番出口より徒歩約3分
有楽町線「麹町駅」下車 (1)(2)番出口より徒歩約6分
【参加費】子供無料
 一般(大学生以上) 3000円/1人・1日
 一般当日券    3500円/1人・1日
 会員(及び会員家族)2000円/1人・1日
 会員ご家族2日通し券(大人2人):6000円/両日
posted by 宮野寛子 at 00:55 | Comment(2) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

2PIANO in GRECO


今日は穏やかなお天気の日曜日でした。
8月になってから夕顔の種をまいたのですが、ようやく花が咲きました。
ここ数日は大雨が降って大変な被害が出たり、土曜日の早朝は久しぶりに大きな地震があったり、心がそわそわすることが多かったようです。美しい夕空と真っ白な大輪の夕顔をみて気持ちが和みました。被害に合われた方も一日も早く穏やかな気持ちで過ごせますように...


5EAADEF2-C8D4-47DA-A9EA-202196F0636C.jpg


毎年恒例となった大塚GRECOでの2台ピアノ、連日熱い演奏が繰り広げられたようです。私は昨年と同じく鈴木和郎さんとの共演。
前回よりももっと良いライブにしたい!!という気持ちが自分を追い込み過ぎたか?!という念もありますが、用意周到に頑張った分、お越し頂いたお客様も喜んで下さったようで嬉しいです。


11960051_698059626961983_5230885644969642631_n.jpg


ミニマルミュージック的なものをやりたい...というアイディアから向かったさきはイギリスやアイルランドに行きつきました。マイケル・ナイマンのピアノレッスンやミュージカル、映画のナンバー、ホルストのジュピターはオーケストラスコアから譜面を書き直したり。

今年も共作オリジナルをやりたいね...と話していたものの、先に作るといっていた鈴木さんから渡されたのはライブ3日前!!明日のリハまでに作ってこいということ???久しぶりに追い込まれましたが、火事場の馬鹿力とでもいいましょうか。名作生まれました(笑)

そして、ライブ後半にはサーカスのメンバーである吉村勇一さん、叶高さんが1曲ずつ披露して下さいました。鈴木さんは長年に渡り、サーカスの伴奏をつとめていらっしゃいます。やはり圧巻のステージ、一気に会場は盛り上がりました。"プロ"ってこうだよね...と今更ながらとても勉強になりました。


1st
M1 Memory(ミュージカルCATSより)
M2 I Dreamed a Dream〜On My Own(ミュージカル レ・ミゼラブルより)
M3 天国への階段〜Englishman in New York
M4 無垢(宮野、鈴木2014年共作オリジナル)
M5 Paisagem Estrelada(宮野オリジナル)
M6 組曲「惑星」より Jupiter 

2nd
M1 Black Leaf(鈴木、宮野2015年共作オリジナル)
M2 ロシアより愛をこめて〜ジェームスボンドのテーマ(映画007より)
M3 楽しみを希う心(映画ピアノレッスンより) 
M3 心の雫(鈴木オリジナル)
M4 Moon River(特別ゲスト サーカス吉村勇一さん)
M5 Spain(特別ゲスト サーカス叶高さん)
M6 Danny Boy
アンコール Rhapsody in Blue(Eumir Deodato ver)


12009818_698059710295308_8681713558050648567_n.jpg


今回は改めて鈴木さんの凄みに感動しながら演奏しておりました。
私には真似出来ない男性ならではの力強さはもちろん、オーケストラのように感じる場面や、ジャズのナンバーではめちゃくちゃスウィンギーな格好良さ、なんて引き出し多い方なんでしょうか。ご一緒させて頂き、本当に感謝な夜でした。またお越し頂いた皆様、ありがとうございました。このデュオはこれからもっと良い物を目指していきたいと思っております。近い将来演奏する機会があると思いますので是非、聴きにいらして下さいね。

posted by 宮野寛子 at 20:10 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

2PIANO


毎年恒例のGRECO"2PIANO"
今年はリニューアルオープン記念イベントということで盛り上がっているようです。出演者も素晴らしく、出来る事なら全部聴きに行きたいくらいです。


CDDD43CE-5289-4388-9B64-749AE6CBF566.jpg


昨年に引き続き、お相手は鈴木和郎さん。
谷村新司さん、夏木マリさん、雪村いずみさんなどのサポートをつとめられたり、作編曲家としても活躍なさっています。前回はサーカスのメンバー方々が遊びにきて下さいましたが、今回は?!乞うご期待。

もっとピアニスティックに、よりアンサンブルをしたい...という想いからはじまった選曲は楽譜をみても真っ黒。これはいっぱい練習しないと間に合わない!!9月に入って夏休みの宿題を抱えてしまったような気持ちになっております。。


2台ピアノグレー.jpg


鈴木さんのお力をお借りして、いつもとはガラッと違う楽しく、叙情的で、美しく、激しいライブをお届け出来ると思います。皆様のお越しをお待ちしております。


◆9月8日(火) 大塚グレコ 2PIANO
宮野寛子×鈴木和郎
大塚グレコ (03-3916-9551) 豊島区北大塚1-34-18
start8:00pm MC4,600円
posted by hiroko at 19:31 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Flavio Venturini Japan Tour '15


ブラジル、ミナスの至宝 フラヴィオ・ヴェントリーニの東京公演に参加させて頂きました。
ミナスといえばブラジルの内陸で山並みが美しい、のどかな地域。ミルク製品も有名だとか。
その土地の景色を見て暮らす人々だからこそ生まれる音楽があります。
ミルトン・ナシメント、トニーニョ・オルタなど、ミナス出身のアーティストは爽快感があり、真っ青な高い空を思い浮かべるような世界があります。また教会音楽、アフリカ音楽、ポップス、フォルクローレ、様々なジャンルが混じりあい、誰でもない個性のある音楽が魅力です。


11988305_10207737988426916_4666773097845038048_n.jpg


フラヴィオの音楽はやはりミナスらしい美しいメロディーとファルセットが素晴らしかったです。同じステージに一緒にいられるだけで幸せでした。行った事もないのにミナスの景色が浮かんでくるようでした。


11903744_10207737991987005_4532556470862696257_n.jpg


イントロが始まると、わあ〜という歓声が客席から聞こえました。フラヴィオファンのお客さまは待ち望んでいた公演だったようです。素晴らしいコンサートになりました。ありがとうございました♪
posted by 宮野寛子 at 19:24 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

「Ocean 宮野寛子 6tet 〜1年の季節感とともに〜」ありがとうございました♪


3rdアルバム「Ocean」リリースからちょうど一年が経ちました...
という節目のライブ。
あっという間でしたが、やはり時間は確実に過ぎていているんですね。

日常では小さな変化ではあるけれど、一年というサイクルになるとこの違いは大きな変化なんだなと思いました。何よりも一番感じたのは、メンバーとの距離。遠いな〜と感じたことは今まで一度もありませんでしたが、ぐっと縮まったように思いました。言葉に出さなくてもお互いくみ取れるというか、空気感が違います。これは私にとってとても嬉しいことですし、なんといっても心地良い。こうゆうことって時間がかかることですし、積み重ねからうまれること。やはり続けるということは大切なんだなと改めて思いました。


L1000376.JPG


お盆の時期にも関わらず沢山のお客さまにお越し頂き、Sold outという嬉しいことに。当日、お越し頂いて入れなかった方もいらっしゃったとか。申し訳ありませんでした。

この一年の変化はファンの方からも感じることができました。
「Ocean」を待ち望んで聴いて下さった方はもちろん、初めて聴いて宮野ワールドを好きになって下さった方。今までの3枚のアルバムからこの曲演奏してくれたら嬉しいなあ...なんてメッセージも頂き、とても励みになりました。全曲オリジナルというスタイルは初めてではありませんが、今回のライブでは迷い無く貫くことができました。

・あっという間だった
・数日経ったいまもまだ余韻が残っている
・心が軽やかになった

などなど嬉しい感想を頂いております。
また、「楽しそうに演奏している様子が音にも伝わってきた」という感想も。今まで”恐そうな顔して演奏している”ことが多かった私、この違いは”凄いこと”だったりします。常に演奏しながらダメ出しをしてしまう自分がいて、そうすると恐い顔になってしまうんですよね。ダメ出しも時には必要ですが、もっと大切なことは沢山あるはず。そう思って挑んだライブでしたが、お客様に伝わったようで本当に嬉しいです。

変わり種として(笑)、私が習っているクラシックのピアノの先生がきて下さったのですが、「Sullen Tunes」を聴いてなぜか森進一のうたが頭に響いたという感想を頂きました。無愛想な、不機嫌な音という切ない男の人を思い浮かべて作ったとお伝えすると、常に孤独感がある森進一はぴったりだと。凄いところで繋がったという驚きはありますが、でも、ちゃんと先生に届けられたんだなと思ったらこれも嬉しい感想となりました。


0A7BDD98-0003-481D-8D79-E76A7A19BFA3.jpg


そして、一番の感想は素晴らしいメンバーだということ。
私の中からうまれた音楽を一緒に表現してくれるかけがえのない人達です。
最高のプレイにあたたかく優しい心をもった方々。
誰が前に出るということではなくて、常に”音楽”を奏でること、調和することを大切にする姿勢。こんなに素敵な共演者に恵まれて私は幸せものです。

節目となったライブ、また新しいスタート地点でもあります。
更に良い音楽を届けられるよう磨いていきたいと思います。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。
本当にありがとうございました。

posted by hiroko at 23:40 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

「Ocean 宮野寛子 6tet 〜1年の季節感とともに〜」


昨夜は暑さが一段落してほっとして眠る事が出来ました。
クーラーつけないで寝ると体のだるさが全然違いますね。
もう暫くこのくらいのお天気でいてほしいです...

さて、いよいよ今週末になりました
「Ocean 宮野寛子 6tet 〜1年の季節感とともに〜」
3rdアルバム「Ocean」リリースからちょうど一年。
振り返ってみると、この一年、北海道〜九州まで色々な場所にお邪魔させて頂きました。音を形にして沢山の方に届けられるのは幸せなことです。ありがとうございました。

今回のライブはOcean集大成でもあり、今ままでの私のアルバムからも選曲し、また更に新しい曲もお届けするという盛り沢山な内容です。選曲するにもかなり時間がかかりました。それだけオリジナル曲が増えて来たという喜ばしいことでもあります。

”宮野寛子の音楽”が一つの形としてお送りできるライブ。
是非、聴きにきて下さいね。


2015.8.14 17-11-00.jpg


2015.8.14.JZBrat裏.jpg



◆8月14日(金) 渋谷JZBrat
宮野寛子(pf)、コモブチキイチロウ(bs)、加納樹麻(ds)、宮野弘紀(gt)、渡辺亮(per)、Gusutavo Anacleto(sax)
渋谷JZBrat (03-5728-0168) 渋谷区桜丘町26-1
セルリアンタワー東急ホテル2階
open17:30 start19:30 入替なし 予約¥4,500 当日¥5,000

ご予約はこちらから
posted by 宮野寛子 at 11:10 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

名古屋の暑い夜


お久しぶりの更新です。
連日の猛暑、ちょっとした信号待ちでも日差しは耐えられなくて日陰を探してしまいます。
皆さま、夏バテ大丈夫でしょうか?


11800744_666778066791323_1034660895_o.jpg


8月の初日は東京よりもさらに暑い名古屋に行って来ました。
ホームに降りたら熱風。
覚悟していたものの東南アジアのようなむわっとした空気に驚きました。
でも、この辺りでは岐阜の多治見が暑い地域なんですよね。ひゃー。。。

初めてお邪魔したThe Wizはお洒落なバー。
ソロでのライブは久しぶりでしたが、演奏もMCも宮野寛子キャラたっぷりで良かったというお言葉を頂いたので、また挑戦してみようかと思います。普段、演奏しない曲もあったりで私自身も楽しかったです。自分で思っているよりもシンプルでいいのかもしれないのですね。ソロライブツアーもいつかやってみようかなんて気持ちになりました。


何か即興で一曲と選んだテーマは図々しくもお店のオーナー良子さん。とても朗らかで素敵な女性。お洒落なのにほっとできるお店の雰囲気はこの方の存在ならでは。思わず選んでしまいました。”人”を題材にしての即興は初めてでしたが、イメージ広がります。

ライブ後にはsax瀬利さん、gt赤座先生交えてセッションが始まりました〜。
一人のはずが最後は賑やかに、お客さんとも和やかな時間になりました。
ありがとうございました♪


posted by hiroko at 21:35 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

浴衣ライブ


夏までにはまだちょっと時間がかかりそうですが、、、もう7月ですものね。
いち早く先取り!?なグレコで浴衣ライブでした。なんとこの月は浴衣ライブが目白押しだそうです。

チェロ井上真那美さん、ビブラフォン山崎ふみこさんとのトリオ。この3人が揃うのは初めてでしたが、それぞれ周知のメンバーということでリハーサルからおしゃべり止まらず...やっぱり楽しい!!


BD6A5C81-B1D0-4858-B20A-740A7CA545BE.jpg



楽器の相性も凄く良くて私のオリジナルも清涼感たっぷりな演奏に。こうして様々な編成でご一緒出来るというのはミュージシャンの層が厚くなってきているんだなと実感。とても喜ばしいことです。

それにしても女性三人浴衣を着ると華やかになりますね。このままどこか遊びに行きたい気分でした。今年の夏は浴衣来て遊びに行きたいなあ☆

posted by hiroko at 00:42 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

BossaNovaDuo「初夏の風Tour2015」そのB


ツアー後半は倉敷ペニーレーンから。
音楽好きなオーナーのお人柄溢れるお店です。客層もお店の雰囲気が出ますよね。熱心な音楽ファンが沢山いらっしゃいました。頂いたひやむぎがなんとも美味しくホッとしました。

CCDD870A-9833-4EC1-A05F-2A621BCC4351.jpg



京都さうりるはオープンして三ヶ月。オーナーがベース弾きということでウッドベースをはじめ、色んな楽器をそろっていました。セッションにはもってこいのお店ですよ。この日はパーカッション渡辺亮さんが遊びに来てくれました。なんてラッキー!!盛り上がりました〜♪

11412317_516783498474548_8584976204124705858_o.jpg



名古屋スターアイズ、善郎さんは初出演。
老舗のライブハウスならではの空気ってあるんですよね。
集中して演奏出来ました。

BA355D70-5316-4219-B8ED-C0956CA6C489.jpg



浜松にあるハーバー。音楽の街ならではの気遣いでしょうか?一体どこのピアノというロゴ(笑)マスターのキャラクターがとにかく面白くて、お客さんもしかり。笑いが多かった夜になりました。

84AB989E-1029-4B40-81B1-476B10641ED7.jpg



最終日は袋井にあるマムゼル。
DJブースがあってLPレコードが沢山。大きなスピーカーもあって、こちらもオーナーのお人柄が感じられるお店です。お店の響きもアナログ感満載。美しい響きに心躍っておりました。

A8C6BFA4-774F-4009-9DC4-8131C9B1B0F9.jpg



そして、そして最後はK-mixおひるま協同組合でファイナル!!
音楽協同組合のコーナーで生ライブをお届けしました。

515C36DF-76A6-467B-80FC-7BAF71B88B0D.jpg



旅の醍醐味は沢山ありますが、善郎さんと普段話題に上がらないような事をお話出来たのがとても勉強になりました。自分の音楽を貫くこと、音を奏でる事、グルーヴについて。若かりし頃のことなどなど。表現している音楽のスタイルは違うけれど、自分の世界を大切にしたいということは大きな共通点かもしれません。善郎さんの言葉をおかりすれば”一匹狼”なんだそう。なるほど...

最後に、ツアーでお世話になった方々、お越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました。またお会い出来ますように...

最近は宮野弘紀さん、中村善郎さん、巨匠との共演が続き、私がまだまだ越えなければいけない壁を沢山越えて来た方々の重みを感じました。それを感じられただけでも一つ壁を越えた気分です。ご一緒させて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
posted by hiroko at 00:03 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

BossaNovaDuo「初夏の風Tour2015」そのA


4AA23BD0-8688-4966-BB12-2CA6BFB65C95.jpg


高千穂で鋭気を養ったあとは宮崎県日向市へ。
日向市在住のドラム黒田清高さんとの合流してトリオ演奏。気持ちよいグルーブでサンバの曲多めの楽しいライブに。黒田邸にもお邪魔して”おもてなし”して頂き、心も体も癒されました。本当にお世話になりました。

B84A7998-85DB-4623-B488-90745C508F55.jpg



Bar&Caffeブラスコのシーフード中心のお料理、とても美味しかったです。微発砲のオーガニックワインも。絶対にここに来るべし!!という宮崎地鶏のお店にも連れて行ってもらい大満足。

48B73820-184F-49A3-A5B9-971ACA90F4AA.jpg



翌日は宮崎市のDe Jillへ。ここのお店は女子パワーが炸裂。全然、真似出来なかったですが、女の子の宮崎弁がとっても可愛い。宴は遅くまで続き、南国気分を楽しみました。

DF115F33-5C72-497A-8515-DE6C6AA0D5E2.jpg



雨の中、高速を走り大分へ。ちょっとリオに雰囲気が似ているんだよという善郎さんの一言に胸躍らせていた私ですが、梅雨の季節ではその絶景が眺めることは出来ませんでした。これはまた来なくてはいけないという暗示かも?演奏させて頂いたカフェりあんはとても美しい洋館。お写真撮るのを忘れてしまいましたが、ベース林さんを初めて地元ミュージシャンとの出逢い、演奏も嬉しかったです。

B3C595F9-DAFD-401E-B764-2CBE5F72DC04.jpg



翌日はツアーのオフ日。友人に教えてもらった住宅地にあるローカルな別府温泉。蒸し風呂に入って一気に体がゆるみました。その土地の温泉に入るってとても理にかなっているのですね。

C1EB84C7-5860-4E3F-8958-48DE7668930A.jpg



98A996E2-430D-4786-A5D7-52052FE6F9CA.jpg


つづくっちゃ
posted by hiroko at 19:24 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BossaNovaDuo「初夏の風Tour2015」その@


気がつけば6月もあと数日。長いツアーに出ていたこともあって、本当にあっという間過ぎた一か月間でした。
12泊13日、私にとっては初めての長旅。一体、替えの洋服や下着など何枚もっていけば??そんな準備段階からおろおろしておりました。
どんな風になるのか?心も定まらずに始まったツアー。一日のお休みを除いては毎日ライブだったので、移動して演奏しての繰り返し。まさに旅芸人でした。また、空いている時間は調べものをしたり、連絡をとったりと、いつも頭はギアが入りっぱなし...という状態。
帰ってきて日常に戻るのにも時間がかかりました(笑)

長過ぎて、毎日が色々ありすぎて、一日ずつ振り返るのはもう大変...ということで、ふと撮った写真をメインにご報告したいと思います。


4A95CBA9-6007-4440-9AD9-D5EA7B903B96.jpg


54B0734B-6CC5-4FC1-A3A3-EC01EEDA85C0.jpg


初日の福岡でのお仕事はLOVE FMさん。パーソナリティのダリルさんはミュージシャンということもあって、短い時間でしたがとても良いお話が出来ました。私の音楽を”宮野寛子節”と説明すると、これに丁度あう英語って難しいんだよねと。スタイルというとちょっと違う、もっと深いものがあるよね...なんて。日本のことをよく分かっていらっしゃるからこその感想になるほど...と感心してお話しておりました。


EDEAFB67-CF26-48AE-A676-76E33C8ADFC1.jpg



福岡ニューコンボに続き、長崎Bodu U Soul。長崎といえば、港、チャンポン、雨???船の汽笛が聞こえて来たり、お陰様でどれも体験することが出来ました。ようやくお会い出来ましたね...そんな嬉しい出逢いも。


608BA9F6-71B8-4A91-8451-6F15ADCC659B.jpg


外食が続くのでこんな定食を食べるといつになくホッとしたりしました。
熊本ではCOMFORTでもお世話になっている熊本シティFMさんにお邪魔させて頂きました。この日は梅雨の晴れ間でとっても気持ちの良いお天気。熊本は初めてでしたが思っていたよりもずっと大きな綺麗な街だと思いました。お馴染みクマモンのデザイン力はこの土地ならでは...独特の美意識がある土地なのかもしれません。


51C79339-6590-4502-A45A-A242D539C852.jpg


今回の旅でとにかく感動した場所は高千穂。天野岩戸神社にお参りしました。生憎の雨でしたがここには神様がいる!!と思える程、特別な空間でした。お祈りの時間が随分と長かったようで、その長さにそのお賽銭は少なすぎると善郎さんに突っ込まれました。でも、それから旅の運気がUP!!


つづく
posted by hiroko at 19:22 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。