≪Information≫
♪Hiroko Miyano Official web siteはこちら
♪メールマガジンはこちら。登録はこちら

◆CD Release
♪2011/10/5 「Notes Of Comfort」(PCCY-30191)
♪2012/10/10 「The Jazz Lady」(EDCE-1013)
♪2014/8/20 3rdアルバム「Ocean」ビクターエンターテイメントよりリリース

2015年10月24日

Birthday Live


10月17日生まれのお二人
サックスのスティーブ・サックスさん、トロンボーンの上杉優ちゃんのBirthday Liveでした。

同じ誕生日の仲間と一緒にお祝いするってとても素敵なライブ。
最近、私自身のBirthday Liveはやっていませんが
こんなライブだったらやってみたいな〜なんて思いました。


12166945_10206302529580893_1689064147_n.jpg



占いではないけれど、お誕生日が同じ人は何か似ているものがあるのでしょうか。お二人には深い優しさを感じます。ライブが終わった翌日もなんだかほっこりあたたかい気持ちに包まれているのです。素敵な時間をありがとうございました♡

この日はピアニカで1曲演奏しました。
沖縄民謡のようなスティーブさんのオリジナルです。
ピアノとピアニカ...同じ鍵盤楽器ですが、息を使うという意味では全然違います。音の切り方とか、息のタイミングなどまだまだ分からない事が沢山でした。これは上手な人の演奏を見て勉強しよう!!と思い、you tubeを色々と探してみると、世界には凄い人が沢山いるのですね。これはもう同じ楽器とは思えない...というような、圧巻のプレイ、こんなことまで出来るのだ...とただただ感動。
とても真似は出来ませんが、でも、持ち方一つで音色も変わりますし、ちょっとピアニカさんとお友達になれた瞬間がありました。
"筒だ"!!!!と感じられたのは自分でも衝撃でした。
もう少し鍵盤の弾き方のコントロールがうまくなりたいです。


posted by 宮野寛子 at 00:35 | Comment(0) | 1stアルバム『Precious Moments 』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

東京タワー


秋晴れとはまさにこんな日!!
真っ青な空が広がる清々しいお天気でした。
東京タワーは青空がよく似合う。


1D7E19F6-CB12-436A-A427-E00902287B33.jpg



私が到着した時は美しい夕陽が沈む時間。
建物がぎっしりつまった遠くの方へ消えて行きました。


A741FCEA-233B-4D03-A164-27DFAA078CE7.jpg



ハーモニカのマツモニカさんとデュオ。
何が飛び出すかわからない...自由度がいっぱいの演奏に。
ハーモニカの音色っていつ聴いてもキュンとなります。マツモニカさん(本名は松本さん)だから...というのもあると思いますが、私のオリジナルも純度が上がったように感じました。


912ABE9E-9C6E-4327-A982-E55F1ADB9CDA.jpg



東京タワーというと修学旅行の定番でしたが、今となっては外国の観光客の方が多くなりました。今回、お話したのは一ヶ月滞在するというフランス人の青年。九州から北海道までぐるっと廻るんだそうです。なんともゴージャス!!
ライブの最後に演奏したA Song for Yukiを聴いて、鳥肌がたったよとジェスチャーしてくれました。あまりに嬉しくて、前世は何か関係していた?と思わずにはいられないというのは素直じゃないかしら(笑)

でも、この曲は本当にファンが多い1曲でもあります。
他界した雪江おばあちゃんが何か後押しでもしてくれているのでしょうか。
なんだか、秋の夜長、スピリチュアルな気分...

posted by hiroko at 00:16 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

Press Awards Japão 2015


10月に入り、我が家のベランダではようやく朝顔の花が咲きました^^
まさに遅咲き...
でも咲いて良かった。
8月中旬に種を撒いたので、もう今年は無理かなと諦めておりましたが、9月後半のお天気のお陰か沢山莟をつけて元気に育っています。
暫く、朝顔祭りです。


8A6F26BE-BB7B-4FD2-ACE4-6E966432AF43.jpg



ブラジルの文化交流の発展に貢献した人、団体、地域などが表彰される「Press Awards Japão 2015」に参加させて頂きました。
今年で5回目を迎えるそうです。場所は鶴見。横浜市の中でも在日のブラジル人が多いということで、この地が選ばれたそうです。
今回は小野リサさんが受賞されるということで、私も参加させて頂いているバンド、Banda Mandacarinhoがバックの伴奏をつとめました。ブラジルのビックバンドであるBanda Mandacarinho、また活躍の幅が広がったようでとても嬉しいです。30分の短いステージでしたがとても楽しかったです♪


12087879_1082543428452693_9057924333878393126_o.jpg


52C45CFB-7044-44B5-B6B9-971B6A89345D.jpg



今月はMotion Blueでのライブも控えております。皆さま、是非!!
10月26日(月) MOTION BLUE YOKOHAMA
「Banda Mandacarinho Vol.11 〜Feliz Aniversario de 70 anos, Ivan Lins!!!〜」

Luis Valle(tp)、奥村晶(tp)、高瀬龍一(tp)、Mike Zachernuk(tp)、Fred Simmons(tb)、上杉優(tb)、堂本雅樹(b.tb)、Steve Sacks(as)、Gustavo Anacleto(as)、平岡雄一郎(g)、加瀬 逹(b)、加納樹麻(ds)、宮野寛子(p)、鈴木千恵(vib)
八木美楠子(Arrangement & Direction)
横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館 3F
open5:30pm 7:00pm&9:00pm MC4,500円
(045-226-1919)(11:00am〜10:00pm)
posted by hiroko at 22:33 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

誕生日


9月23日はお誕生日でした。
秋分の日という祝日なので、私にとっては物心ついた時からのんびり過ぎていく一日でした。
今年は連休が続き、久しぶりに穏やかなお天気だったので、心から落ち着いた気持ちで過ごすことが出来ました。
東京の街もお盆のように?!静まり返ってました。

節目になるお誕生日は自分のこれからの事に想いを馳せたり、考えたりします。今年は景色が少し違って見えたようです。視界が広がったというか...視点、価値観が変わったんだと思います。気になっていたことが、どうでもよくなったり...といいながら、うかうかしているとモヤがかかってしまいそうなので、心を強く持たなければと思いながらここ数日は過ごしています。なんとも漠然な言い回しですが...


520E62A0-0BC1-4C7C-A0EB-AA814A2954EB.jpg



ライブではサプライズでお祝いして頂きました。
吉祥寺ストリングスで行われた「"VAMOS ブラジる!?"中央線ブラジル化計画 」で。Karenちゃん、川満くん、服部さん、そして皆さま、、、
ありがとうございました!!


1E2C15CF-3A6D-4645-B624-FEDF7C58FEF6.jpg





posted by hiroko at 13:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

思い出の品


気持ちの良いお天気が続いていますね。
連休だし、どこかに行きたい!!
と思いながら、雑務や仕事など地味に過ごしております。

来月、富士市看護専門学校 第23回紫苑祭で演奏させて頂きます。実習など忙しい日々を過ごす学生の方達にほっと出来る時間になれば嬉しいです。
下見を兼ねてお邪魔させて頂いた帰り道、川沿いに彼岸花が咲いていました。子供のころはおどろおどろしくて、あまり好きではなかったのですが、可憐で妖艶なこの花はドキッとします。ご先祖さまの魂が宿っているよう?お彼岸の時期に重ね合わせてしまいました。


586AD4C0-B67B-4D1C-9D6B-975DAE5EDA04.jpg



子供の頃といえば、母が大切に保管していてくれた思い出の品。
久しぶりに帰った実家で引っ張りだした箱からは、幼稚園〜高校生まえのスケッチブック、日記、手紙、賞状などなど、懐かしい、恥ずかしいものばかり。何十年ぶりに見た品々は僅かな時間ではありますが、かけがえのないひと時に。また今度ねと捨てられずにそのまま押し入れの奥にしまいました。次は何十年後に出逢うんだろう、そのとき、私はなにをしているんだろう...考えただけでも不思議な気持ちになりました。
大切にしまっておいてくれた母に感謝です。


0B970734-2D03-4E31-B2B1-6F842AB5DC23.jpg
posted by hiroko at 12:42 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

ウィリアムズ症候群カンファレンスのお知らせ


突然ではありますが、、、
「ウィリアムズ症候群」という先天性遺伝子疾患をご存知ですか?
先天性の心臓病やその他の医学的な問題、知的発達遅滞等の様々な症状を示す症候群です。

私はウィリアムズ症候群のそのこちゃん、そしてそのお母様と知り合う事でこの疾患を知る事が出来ました。
この出逢いも私にとって意味があることなんだろうと感じています。

日本では、ウィリアムズ症候群は、まだまだ社会での認知度が低く、単なる学習障害と処遇され、せっかくの素敵な才能が埋もれてしまう例が多いのが現状のようです。その才能とは愛すべきユーモア、cocktail party characterと名付けられた社交性、表現豊かな言語能力に加え、類いまれなる認知能力、その中でも特に音楽にむけられた特別な才能は特徴的です。彼らの心から音楽を楽しむ姿から「音楽の神様が遣わされた人たち」とも言われています。(スマイリズムHPより抜粋)

春に行われたミュージックキャンプを見学させて頂き、音楽を楽しむことの大切さを改めて感じました。常に音楽に接しているはずの私が時々見失ってしまう”心”のあり方を思い返させてくれました。


11D09019-C40A-41C2-8BC3-6C163D523F67.jpg



その子ちゃんとお会いして考えるのは、私自身、何かお手伝いしたいと思っていても、実行するのはなかなか難しいということです。責任を持って関わるというのは、結構な決意が必要なんだなと思いました。まだまだその辺りの覚悟がなく、今はただただ見守っているだけだったりします。
ウィリアムズ症候群の様々な活動は家族の方の懸命な努力と、周りの方々の支えによって成り立っています。
その活動の成果でもあるのでしょうか。
つい最近、ようやく難病指定に認定されました。

世の中には私が知らないこうゆう地道な活動をやっていらっしゃる方は沢山いるのだと思います。何も力にはなれませんが、まずは知ること。そして、多くの人に知ってもらうことが最初の一歩だと思いブログに書かせて頂きました。
今週末の連休にカンファレンスが行なわれるそうです。様々な角度からウィリアムズ症候群の理解を深めることが出来る機会です。このような活動から、一人でも多くの方に知って頂けたら嬉しいです。

カンファレンス 2015 第2回スマイリズム カンファレンス
【日時】2015年9月20・21日(2日間)
【時間】9:30〜受付開始〜18時半終了予定
【場所】TOKYO FM ホール 
千代田区麹町1−7 FMセンター2階
*一般駐車場はございません。
【アクセス】
半蔵門線「半蔵門駅」下車 (1)(2)番出口より徒歩約3分
有楽町線「麹町駅」下車 (1)(2)番出口より徒歩約6分
【参加費】子供無料
 一般(大学生以上) 3000円/1人・1日
 一般当日券    3500円/1人・1日
 会員(及び会員家族)2000円/1人・1日
 会員ご家族2日通し券(大人2人):6000円/両日
posted by 宮野寛子 at 00:55 | Comment(2) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

2PIANO in GRECO


今日は穏やかなお天気の日曜日でした。
8月になってから夕顔の種をまいたのですが、ようやく花が咲きました。
ここ数日は大雨が降って大変な被害が出たり、土曜日の早朝は久しぶりに大きな地震があったり、心がそわそわすることが多かったようです。美しい夕空と真っ白な大輪の夕顔をみて気持ちが和みました。被害に合われた方も一日も早く穏やかな気持ちで過ごせますように...


5EAADEF2-C8D4-47DA-A9EA-202196F0636C.jpg


毎年恒例となった大塚GRECOでの2台ピアノ、連日熱い演奏が繰り広げられたようです。私は昨年と同じく鈴木和郎さんとの共演。
前回よりももっと良いライブにしたい!!という気持ちが自分を追い込み過ぎたか?!という念もありますが、用意周到に頑張った分、お越し頂いたお客様も喜んで下さったようで嬉しいです。


11960051_698059626961983_5230885644969642631_n.jpg


ミニマルミュージック的なものをやりたい...というアイディアから向かったさきはイギリスやアイルランドに行きつきました。マイケル・ナイマンのピアノレッスンやミュージカル、映画のナンバー、ホルストのジュピターはオーケストラスコアから譜面を書き直したり。

今年も共作オリジナルをやりたいね...と話していたものの、先に作るといっていた鈴木さんから渡されたのはライブ3日前!!明日のリハまでに作ってこいということ???久しぶりに追い込まれましたが、火事場の馬鹿力とでもいいましょうか。名作生まれました(笑)

そして、ライブ後半にはサーカスのメンバーである吉村勇一さん、叶高さんが1曲ずつ披露して下さいました。鈴木さんは長年に渡り、サーカスの伴奏をつとめていらっしゃいます。やはり圧巻のステージ、一気に会場は盛り上がりました。"プロ"ってこうだよね...と今更ながらとても勉強になりました。


1st
M1 Memory(ミュージカルCATSより)
M2 I Dreamed a Dream〜On My Own(ミュージカル レ・ミゼラブルより)
M3 天国への階段〜Englishman in New York
M4 無垢(宮野、鈴木2014年共作オリジナル)
M5 Paisagem Estrelada(宮野オリジナル)
M6 組曲「惑星」より Jupiter 

2nd
M1 Black Leaf(鈴木、宮野2015年共作オリジナル)
M2 ロシアより愛をこめて〜ジェームスボンドのテーマ(映画007より)
M3 楽しみを希う心(映画ピアノレッスンより) 
M3 心の雫(鈴木オリジナル)
M4 Moon River(特別ゲスト サーカス吉村勇一さん)
M5 Spain(特別ゲスト サーカス叶高さん)
M6 Danny Boy
アンコール Rhapsody in Blue(Eumir Deodato ver)


12009818_698059710295308_8681713558050648567_n.jpg


今回は改めて鈴木さんの凄みに感動しながら演奏しておりました。
私には真似出来ない男性ならではの力強さはもちろん、オーケストラのように感じる場面や、ジャズのナンバーではめちゃくちゃスウィンギーな格好良さ、なんて引き出し多い方なんでしょうか。ご一緒させて頂き、本当に感謝な夜でした。またお越し頂いた皆様、ありがとうございました。このデュオはこれからもっと良い物を目指していきたいと思っております。近い将来演奏する機会があると思いますので是非、聴きにいらして下さいね。

posted by 宮野寛子 at 20:10 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

2PIANO


毎年恒例のGRECO"2PIANO"
今年はリニューアルオープン記念イベントということで盛り上がっているようです。出演者も素晴らしく、出来る事なら全部聴きに行きたいくらいです。


CDDD43CE-5289-4388-9B64-749AE6CBF566.jpg


昨年に引き続き、お相手は鈴木和郎さん。
谷村新司さん、夏木マリさん、雪村いずみさんなどのサポートをつとめられたり、作編曲家としても活躍なさっています。前回はサーカスのメンバー方々が遊びにきて下さいましたが、今回は?!乞うご期待。

もっとピアニスティックに、よりアンサンブルをしたい...という想いからはじまった選曲は楽譜をみても真っ黒。これはいっぱい練習しないと間に合わない!!9月に入って夏休みの宿題を抱えてしまったような気持ちになっております。。


2台ピアノグレー.jpg


鈴木さんのお力をお借りして、いつもとはガラッと違う楽しく、叙情的で、美しく、激しいライブをお届け出来ると思います。皆様のお越しをお待ちしております。


◆9月8日(火) 大塚グレコ 2PIANO
宮野寛子×鈴木和郎
大塚グレコ (03-3916-9551) 豊島区北大塚1-34-18
start8:00pm MC4,600円
posted by hiroko at 19:31 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Flavio Venturini Japan Tour '15


ブラジル、ミナスの至宝 フラヴィオ・ヴェントリーニの東京公演に参加させて頂きました。
ミナスといえばブラジルの内陸で山並みが美しい、のどかな地域。ミルク製品も有名だとか。
その土地の景色を見て暮らす人々だからこそ生まれる音楽があります。
ミルトン・ナシメント、トニーニョ・オルタなど、ミナス出身のアーティストは爽快感があり、真っ青な高い空を思い浮かべるような世界があります。また教会音楽、アフリカ音楽、ポップス、フォルクローレ、様々なジャンルが混じりあい、誰でもない個性のある音楽が魅力です。


11988305_10207737988426916_4666773097845038048_n.jpg


フラヴィオの音楽はやはりミナスらしい美しいメロディーとファルセットが素晴らしかったです。同じステージに一緒にいられるだけで幸せでした。行った事もないのにミナスの景色が浮かんでくるようでした。


11903744_10207737991987005_4532556470862696257_n.jpg


イントロが始まると、わあ〜という歓声が客席から聞こえました。フラヴィオファンのお客さまは待ち望んでいた公演だったようです。素晴らしいコンサートになりました。ありがとうございました♪
posted by 宮野寛子 at 19:24 | Comment(0) | ライブのことあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

「Ocean 宮野寛子 6tet 〜1年の季節感とともに〜」追加


ライブから一週間がたち落ち着いて書いたはずのブログ、まだまだお話したいことがあったので追加版としてご報告させて下さい。


23D540BB-E509-4F3F-9D07-B5CE0E82A30C.jpg


セットリストを教えて下さいというお声があったので、こちらの写真を参考になさって下さい。実は今までの曲を全部書き出して、あれやこれやと並べ替えておりました。何パターンあるうちの一つにようやくおさまったのがこちら。さなぎと書いてあるのは羽化としました。


D545FB3F-4821-484B-B3A1-B284BB2FACAF.jpg


後半のセットではテレビ神奈川のWether Imformationにも使って頂いてるflamingoを演奏しました。リリースライブの時にper亮さんに書いて頂いたパネルは今回も登場。一番前に座っていたBanda MandacarinhoのバンマスでもあるMinakoさんをつかまえて、いきなりのパネルを持たせるという荒技をしてしまいました。キャンペーンガールのように笑顔で踊りながら振る舞って下さったMinakoさん、すいませんでした&♡。こんなことをやってしまう私はやはりSな性格なんだと改めて。

Banda Mandacarinhoはグガちゃんと樹麻さんも一緒のブラジル音楽のビックバンドです。
10月26日Motion Blueでライブが決まっているので、こちらも楽しみです♪


11855733_665760950228172_8116314432166897818_n.jpg


JZBratではその日のスペシャルカクテルを作って下さるのですが、大好きなマカイバリの紅茶を使ってのスペシャルカクテルを用意して下さいました。夏にはぴったりの爽やかなお味でした。別な機会にゆっくり飲みたいものです...JZBratのお店の方々も気持ちよく対応して下さり、本当に良い時間になりました♪

posted by hiroko at 17:37 | Comment(0) | 1stアルバム『Precious Moments 』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。